FC2ブログ
中国陝西省西安での生活や観光地を紹介。中国旅行記あり。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月30日 (月) | 編集 |
出生届けは親の自筆でないと駄目とのことから、実家から送ってもらいました。
法務省のパンフレットによると、平成16年度中に出生した子の100人に1人以上が重国籍者とのこと。
意外に多いんですね。
出生届

ネットで買った本も送ってもらいました。
今更ながら育児本。
あまりに育児に関する知識がないので、慌てて購入しました。

風呂に入れる時や、哺乳瓶を使う時はすごく気を使うんですよねぇ。
人生日々勉強、急いで読まないと。
育児本

スポンサーサイト

2008年06月29日 (日) | 編集 |
部屋の窓から外を見ると、何やら実がなっていました。
嫁に聞いてみると、これはザクロ(石榴)の木らしいです。
日本では、柿泥棒などはすでに(昔も?)立派な犯罪となると思いますが、今の中国ではどうなんでしょう。
マンションの敷地内だし、早い者勝ちだったりして。
ザクロ

スーパーに行くと、いつも買っている水の隣にPEPSI(百事)のマークが書いてある水が置いてあったので、試しに買ってみることにしました。
日本では軟水か硬水か、または硬度が表記されていると思いますが、以前飲んでいた水同様、具体的な成分等は全く書かれていません。
とりあえず「きれいな水」だという事だけは書かれていますが。

消費者があまり気にしないからなのかな?
水

昨日息子を初めて家の外に出しましたが、完全に寝ていて目を開けず。
本日はちゃんと目を開けて、初めての外の景色を眺めていました。
まだぼんやりとしか見えていないんでしょうけどね。
子供


2008年06月28日 (土) | 編集 |
今日は满月(子供が生まれて満1ヶ月)の為、祝い金をくれた方々を集め食事会をやりました。

こういう場合、中国ではビールではなく白酒です。
西安に来た当初は全く飲めなかったのですが、少しはいけるようになりました。
白酒

今日の白酒は陝西省の15年もの、結構高いですが嫁の両親が大量に購入していました。
アルコール度数45%なので、乾杯以外で飲んでいると自爆します。
白酒

多くの方々から祝い金は
・赤い封筒(红包)に入れる
・赤い紐で縛る
・何もなしにそのまま
などでいただきました。

本日ある方からいただいたものはちょっとお洒落で、マリの付いた紐に縛っていました。
このようにちょっと変わったもので送ると面白いですね。
お祝い金

本当にたくさんのお金や物をいただきましたが、今日はこんな可愛いおもちゃのセットをいただきました。
まだ開けていないのでよく分かりませんが、音が出たり動きが違ったりとそれぞれに特徴があるようです。
おもちゃ

嫁の両親をはじめとして、たくさんの方々のご好意、深く感謝致します。

2008年06月28日 (土) | 編集 |
月嫂の方の契約が切れたので、本日でお別れとなりました。
口うるさいおばちゃんだったけど、本当に真面目な人でした。

ということで、本格的に二人で育児開始。
嫁はミルク工場長、自分はオムツ交換士担当です。
今夜から早速夜勤。昼もだけど。
子育ては大変ですね。
夜


2008年06月26日 (木) | 編集 |
開元商城の隣でたこ焼き(章鱼小丸子)を売っていました。
たこ焼きは日本→台湾→中国と伝わったそうです。
西安ではイカは人気なんですが、タコを使った料理はまだ食べた記憶がないです。
たこ焼き

(当たり前ですが)ちゃんと中にタコが入っていて、日本のたこ焼きと変わらずおいしいです。
ただ1箱3元、つまり1個1元なので、すぐ側で大きな肉まんを1個1元程度で売っているのを考えるとちょっと高すぎ。
たこ焼き


2008年06月25日 (水) | 編集 |
西安に来て初めてスパゲティを食べました。
ピザハットにて、莳萝芦笋三文鱼面と名付けられたサーモンとアスパラのスパゲティを注文。
美味しいけど39元は高すぎです。
莳萝芦笋三文鱼面

息子が生まれて始めての散髪をするとのことなので、記念に髪を切る前の姿を撮影しました。
口をしっかり閉じてやる気満々です。
子供

散髪後の姿。
思わず「少林寺」と呟いてしまいました。
額に点を描けばより一層・・・。
子供


2008年06月24日 (火) | 編集 |
朝みんなが見上げている先を見ると、電線に架かっている木の枝を切っている方を発見。
バランス感覚に絶対の自信を持っているからこそできる芸当だと思いますが、どちらかというと足を滑らすより木が折れないかが心配です。
木の上

大学からもらった作文集に、以前宿題で書いた手紙が載ってました。
誰宛でも良いから自由に書いてというもの。
こんなのに載せるのなら、もっと真面目に書けば良かったとかなり後悔。
大した中国語の文が書けないのは仕方がないでしょう。
なぜあのとき犬宛てに手紙を・・・。
作文


2008年06月23日 (月) | 編集 |
先週は寒いぐらいだったのに、今日からまた夏日が続くようです。
鼓楼前では多くの人達が木陰で涼んでいました。
本当に暑くなるのはこれからなのかな。
鼓楼前

楊貴妃が好んで食べたと言われているライチ(荔枝)、最近は道端でもよく売られています。
果汁たっぷりで、おいしくいただきました。
ライチ


2008年06月22日 (日) | 編集 |
mikaさんより「私は食べれません」とご紹介いただいた、怪味のお菓子を見に行きました。

スーパーには確かに怪味と名の付く商品がたくさんありました。
よく考えたら、以前まんぞうさんとウォルマートに行った時に見た気がします。
結局買ったんだっけ!?
本日はその中でも、日本語で「品は本物ふうみ」という謎のキャッチフレーズが書かれた怪味豆を買いました。
怪味豆

鉄の胃袋持ってるんだし、あの時まんぞうさんに毒見させれば良かったと後悔しつつ、食べてみる事にしました。
そら豆に何とも言えないものがコーティングされているので最初ドキドキしましたが、これは当たりだったようで、甘辛の味で意外においしいです。
さすが品は本物ふうみ(意味分かんないけど)。
怪味豆

メールにて、実家で飼っているマルチーズの写真をいただきました。
しばらく見ないうちにモップみたいになったな・・・。
ブラン

元気そうで何より。
ブラン


2008年06月21日 (土) | 編集 |
康复路にある康復路批發市場に行きました。
康復路批發市場

服や靴、バッグの店が数百メートルに渡って立ち並んでいます。
なんとなくアメ横を思い出させる雰囲気ですが、客のほとんどが若者で、小寨よりずっと店が多いです。
デパートよりもこういう雰囲気がずっと好き。
別に何か買うわけじゃないですが。
康復路批發市場

こんな人ごみの中でもリアカータクシーがたくさん走っています。
何台もやって来るので、避けるのがとても面倒です。
意外に利用者が多いので、きっと安いんでしょうね。
康復路批發市場


2008年06月20日 (金) | 編集 |
回族街にて、コオロギのように鳴くバッタみたいな虫が籠に入れられていました。
随分しっかりした虫籠ですが、子供が欲しがるのでしょうか。
これが家で鳴かれたら堪らないなぁ。
虫籠

今日どうしても入る勇気がなくて断念した「怪味天下」という店。
手持ちの辞書で「怪味」の意味を調べると、
1.あえ物のたれ(四川料理を代表する独特のたれ)
2.いやな臭い、変な味
とあります。

まあさすがに1番目の意味だと思いますが、店内の椅子の背もたれには「怪」の1文字がでかでかと書かれているし、もしも辞書の2番目の意味だったらそんな天下は嫌だよ!と思って結局入れず。
含光門のすぐ近くにあるので、行ける方はぜひどうぞ・・・。
怪味天下

今夜は家で火鍋をいただきました。
夏でもエアコンなしで鍋が食べられるというのは、やはり内陸部の湿度が低いからこそだと思います。

2008年06月19日 (木) | 編集 |
新生児に何らかの関わりを持ったことがある方ならば、「新生児黄疸」というものを知っているのではないでしょうか。
新生児はまだ肝臓の働きがよくないために起こる症状で、皮膚が黄色く見えるのが特徴。
ひどい場合には治療が必要らしいです。

以前から子供の顔を明るい場所で見ると、目のところが微妙に黄色かったので家族みんな気になっていたそうですが(自分は黄疸というものが何か知らなかった)、今日医者に見てもらったところ問題はないとのこと。

以前別の医者に見てもらったときは、母乳を3日ほど止めたほうがいいと言われ粉ミルクを使っていたのですが、すぐに便秘になってしまって子供がとても可哀想でした。
そのため急遽別の医者に相談すると、問題ないので母乳を飲ませるべきとのこと。
ネットで調べたところ、日本でも母乳を飲ませないほうがいいという時代があったようです。
(ただ今でも母乳性黄疸かどうかを調べるために、母乳を一時的に止めることはあるらしい。)

とにかくどう見ても食欲があって元気なので、心配はなさそうです。
最近太った?
子供


2008年06月19日 (木) | 編集 |
大学の先生方から、出産祝いに枕をいただきました。
カバーが竹の繊維でできているようです。
嬉しい贈り物、本当に感謝です。
枕

鐘鼓楼広場前に車が止めてあり、そこに掛けられた看板には2008~2020年における西安市の全体計画が書かれていました。
国の政策としても中国西部の都市化を推進していこうという考えのようです。
その中の国内生産値と書かれた表には、2005~2010年にかけて西安における生産額が約2倍になる予定とのことが書かれています。
今更そんな急成長が見込めるのか非常に疑問ですが、地下鉄開通という一大イベントがまだ残っている西安、2020年に向けて今のうちに種をまけばビジネスチャンスは多そうです。
外国企業にとっては山ほど弊害がありそうですが。
看板

中国生活106日目にして、初めて旧100元札がまわってきました。
この4人は誰なのかな!?
100元札といえば赤い色というイメージですが、昔はそうじゃなかったんですね。
100元札


2008年06月17日 (火) | 編集 |
パン屋で袋に入れてくれと頼んだら、袋代1元(≒15円)と言われました。
あまりに高いので聞き間違いかと思いましたが、レシートにもちゃんと書いてあります。
袋代

ここまでされると、もうマイバックを携帯するしかないですね。
どんなデザインのものがあるのか、ちょっと楽しみです。
でもみんなはビニール袋持参で行ってるのかな!?

2008年06月16日 (月) | 編集 |
西安シェラトンホテルの隣にある大清花餃子(大请花饺子)に行きました。
この店はいろいろな種類の餃子があるようなので、ぜひ通いたい店です。
大清花餃子

見事な羽根付きエビ餃子(大虾煎饺)がやって来ました。
22元(≒330円)とちょっと高いですが、一人では食べきれないぐらい多いです。
やはり中国は餃子の国だと改めて実感しました。
大虾煎饺

実家の熊本から郵便第2弾が届きました。
嫁がネットで買った授乳に便利な服がメインです。
郵便

熊のがらがらを頂きました。
郵便


2008年06月15日 (日) | 編集 |
買い物のついでに、豊慶公園(丰庆公园)に寄りました。

雨にもかかわらず、やはりここにも楽器を演奏している人たちと、それを取り囲む観客達がいました。
豊慶公園

この公園は屋根がある場所が多いので、雨宿りが出来てとても便利です。
雨が降った時は砂埃がないので、空気がとても綺麗です。
西安では、雨の日こそ外に出るべきなのかもしれません。
豊慶公園

雨でも踊る踊る。
豊慶公園

囲碁?
豊慶公園

この建物には何か展示されているのかと思いきや、ただの売店です。
西安の店はデザインが非常に紛らわしいです。
豊慶公園


2008年06月15日 (日) | 編集 |
2日前あたりから、中国で Yahoo! JAPAN が見れなくなっているようですが、DNSサーバ(ドメイン名をIPアドレスに変換するサーバ)に何らかの問題があるようです。

コマンドプロンプトで、
ping yahoo.co.jp
と打ち込めばyahooのIPアドレスが分かるので、これを使ってDNSサーバを経由せずに見ることができました。
でもリンクをクリックしたら駄目なんですよねぇ。

例:
http://203.216.227.176/
※サーバの負荷分散を行っているはずなので、IPアドレスは複数存在します。

2008年06月14日 (土) | 編集 |
どうゆう経緯があったのか知りませんが、紙おむつをやめて布おむつを使うことにしたそうです。

布おむつは買ったのではなくて、家にあった古着を切って作ったらしく、完全にタダです。
すばらしい。
布おむつ

本日やってみました。
子供はまだ寝たきりなので、緩めのゴムを使って簡単に巻くだけ。
ただし洗うのが楽になるように、薄い紙を内側に入れます。

メリットは、
・タダ
・通気性がいい
・取替えが紙おむつより簡単
です。

デメリットとしては、
・交換回数が多い
・洗うのが面倒
というのが辛いところです。

中国でも紙おむつは結構高いので、歩き出すまでは日中は布おむつ、夜は紙おむつ(夜は交換回数を減らしたい為)を使うなど、併用するのもいいのではないでしょうか。

夏だしズボン穿かせるのは止めました。
布おむつ


2008年06月13日 (金) | 編集 |
李家村にある万達広場(万达广场)の裏にはたくさんの小さな店が並んでいました。
靴屋

よく見ると、並んでいるのはみんな靴屋です。
看板にはどれも「××靴店」と表記されており、その右下には連番が振ってあります。
靴屋

最後は35号となっており、その先や対面には服の店などが並んでいます。
後で聞いた話ですが、この辺には卸売りの店(批发)があるため、このように小さな店がたくさん出来たのではないかとのことです。
でも35店も靴屋が隣接してるってすごいですね。
今度靴が必要な時は、ぜひ李家村で買ってみよう。
靴屋


2008年06月12日 (木) | 編集 |
最近月嫂(出産直後専門の家政婦)との仲が上手くいっていないらしく、ついに今日会社に電話して変更してもらうことになりました。

既にあまり口を聞かなくなっている様子、家の空気が重い・・・。
直接やり取りを聞いていないので月嫂側の言い分はわかりませんが、頼んでもあまり仕事をやらなくなってしまったそうです。
嫁は他人には怒れない性格(夫には容赦なく怒るくせに!)なので、雇い主にもかかわらずイニシアチブを取られてしまったのではないでしょうか。
これはまずい。

そもそもこのようなトラブルはよくあるそうで、会社は明日には新しい人をよこすそうです。
人を使う上での基本なのでしょうが、1日のノルマと出来なかったときのペナルティを明確にすることはやはり必要ですね。

2008年06月12日 (木) | 編集 |
目的地を西峰に絞り、ゴールは目の前。
もはやこれは階段ではないのでは!?
西峰

やっと西峰の石碑を拝むことができました。
海抜2086.6メートルと書いてありますが、酸素が薄い感じはありません。
すでに1時を回っていたので、下山することにしました。
西峰

各所にある売店や食堂の商品はこの人達が運んでいるようです。
きっと毎日登っているんでしょうね。
かなりきついはずです。
運び屋

どんな絶壁の場所でも、手すりより日傘のようです。
日傘

下山後、同じ場所から午後5時初のバスに乗って帰りました。
今回は諦めましたが、最高峰の南峰を一度は見てみたいものです。

夜は骡马市のウォルマート前にある三姉妹餃子へ行きました。
三姉妹餃子

ここは安くて店内も綺麗なので、とてもお気に入りの店です。
じゃがいもと唐辛子の入った鍋(20元)は、辛くてビールによく合います。
じゃがいも鍋

あっという間でしたが、以上でまんぞうさんとの旅は終わりです。
大して中国語が上手くないので全然頼りにならず申し訳ない。
でも結構楽しめた旅だったと勝手に思っています。

また機会があれば今度は桂林あたりで会いましょう。
慢走!

2008年06月12日 (木) | 編集 |
まんぞうさんとの旅も今日が最後。
天気予報を見ると本日は快晴、いざ「華山」へ。

華山は、中国五岳のうちの西岳にあたります。
西安駅から朝8時発のバスに乗り、2時間ほどで華山のふもとに到着です。
そこから入場券(100元)と保険料(5元)、さらにロープウェーに乗る駅までのバスチケット(往復20元)を購入し、華山内専用のバスに乗り込みます。

到着しすぐにロープウェーのチケット(往復110元)を購入。
料金が高いですが、これなしでは登山はかなり困難です。
高いところが苦手な人は、ここに来るのはお勧めしません。
ロープウェー

華山には、北峰、南峰、西峰、東峰があるのですが、ロープウェーは北峰のところで終点です。
ここからは自力で登っていくことになります。

山の至るところに鍵がかけられています。
日本の山でもありますね。
鍵

少し進むと、ほぼ垂直に作られた階段があります。
これはびっくり。
保険料もまんざら無駄ではないようです。
階段

華山の特徴はなんと言っても岩壁が広がっているところです。
落ちないように気を付けて進みます。
階段

最近運動不足だったので、かなり疲れました。
長く急な階段はまだまだ続きます。
階段

老人や小さな子供まで登ってくるので、負けてはいられません。
でもみんなすごいなぁ。
階段

仙掌崖を見ながら一休み。
仙掌崖


2008年06月11日 (水) | 編集 |
秦の始皇帝陵の入口で、こんどはタクシーではなく一般の車で客寄せをしているおじさんと交渉。
二人で5元にて兵馬俑に行くことができました。

兵馬俑の入口前にある食堂で昼ごはんを食べることにしました。
一人の店員の服の後ろに「TROUBLE EVERYDAY」とプリントされていたので、おもしろいような不安なような複雑な気分だったのですが、この店は安いメニューもたくさんありなかなか良かったです。
食堂

まんぞうさんが言っていた日本語の話せるガイドさん(100元)がいたので、頼むことにしました。
ちょっと話しただけで怪しいなと思ったのですが、日本語はかなり下手です。
困ると中国語で話し出すほどひどかったのですが、彼女のノートには自分で翻訳したという日本語で書いたメモがびっしり。
ちょっと見ただけで誤訳が多いですが、修正を繰り返してぐちゃぐちゃになったノートを見ると、頑張って勉強しているんだなぁと感心しました。

前から思ってた謎の凸凹。
ガイドさんに聞いて分かったのですが(本当にあっているのかな!?)、この下に兵士や馬の人形があるとのこと。
波状になっているのは丸太の跡らしい。
兵馬俑

バスで1時間かけて西安の中心街に戻り、今度は南門に行きました。
城壁の上に登るには1人40元と書いてあり、どうしようか迷っていたところ、入場口の職員が寄って来て「2人で50元でどう?」と小声で聞いてきたのでOKしました。
チケット販売の職員にばれないように、自分の持っているチケットを売って小遣い稼ぎをしているようです。
さすが中国。

城壁に上り1台20元(デポジット200元)で自転車を借り、城壁を1時間かけて1周しました。
最後がしんどかったけど、夜なので涼しくて気持ちがよかったです。
城壁

西安に来たらぜひ火鍋を食べていただこうと、骡马市にある「傣妹」という店に入ってみました。
まんぞうさんは何度もむせながらも、激辛のほうのスープで食べていました。
ここはとても安いせいか、客は20前後と思われる若い人達ばかり。
火鍋

帰りにふと見ると、パンダ扇子がある店はさすがにもう閉まっていました。
明日行くかな。

2008年06月11日 (水) | 編集 |
今日はまんぞうさんと遠出して、華清池、秦の始皇帝陵、兵馬俑に行くことにしました。

西安駅からバスに乗り、まずは華清池に到着。
入場料1人70元も払った後、バスじゃないと広すぎて回れないからバスに乗れと職員の人が勧誘に来ます。
下手に中国語が分かったのが良くなかったのですが、実は十分歩いて回れる大きさです。
チケット買うんじゃなかった。

ここは西安事変で蒋介石が監禁された場所で有名なんだと思ってましたが、楊貴妃の別荘として有名みたいです。
予習ゼロで行ったので、何があるところなのか全く知らなかったです。
貴妃池(楊貴妃専用のお風呂)は意外に大きくないんだなぁ。
貴妃池

顔を洗うと楊貴妃のように綺麗になれるという話が、あったりなかったり。
まんぞうさんと男二人顔洗うのも何なので見るだけにしました。
水

バスの運転手がロープウェーに乗るならチケット買ってくれというので、せっかくだから買うことにしました。
そもそもロープウェーで登った先に何があるのかも知らないのに、チケットを買ってしまったのが大失敗。
これはどうやら驪山という山に登る為のロープウェーで、着いたらまたすぐに料金所があります。
登山する気はないので、さっさと下山。
それにしても華清池は金の取り方がひどすぎる。

でも上から見る華清池はなかなか綺麗。
驪山

タクシー運転手と交渉して、20元で秦の始皇帝陵まで連れて行ってもらうことにしました。
ちょっと高いですが、今日は平日でタクシーが少ないので仕方ない。

秦の始皇帝陵に着くと、長い階段を登って頂上へ。
頂上には特に何もなく、一番目立つのは売店です。
階段を登るのは見た目ほどきつくない。
秦の始皇帝陵


2008年06月09日 (月) | 編集 |
昨日が日曜日の端午節だった為、本日は振替休日らしいです。
昼からまんぞうさんと北京老舗烤鴨へ行きました。
ここに来たら(西安だけど)北京ダックを食べないわけにはいきません。

せっかく来たからということで、一番高い108元の北京ダックなどを頼みました。
昼から食べすぎ。
北京老舗烤鴨

大雁塔は以前の地震の影響で、今は登ることができませんでした。
確かに見ると少し傾いてる気がしないでもない。

変わりに噴水ショーを見ることができました。
以前平日に来た時はやっていなかったので、休日だけやっているのでしょうか。
20分以上続くので、かなりの水を使っています。
夏なのでみんな大喜び。


移動時間が惜しくなってきたので、ここからはタクシーを使うことにしました。
青龍寺はもう桜の季節が終わっているため、人がとても少なかったです。
青龍寺

続いて小雁塔へ行きました。
こちらは地震の影響はないようです。
最上階は(壊れて)屋根がないから気持ちいい。
小雁塔

この季節、休みなしで昼間に歩き続けるのは良くなかったらしく、二人とも疲れてしまったので1時間ほどホテルで休憩。
部屋においてあった体重計は壊れているのか、計ると実際より3kgほど少ないです。
お客を喜ばせるサービスなのかな。

まんぞうさんがパンダ扇子が再入荷したかもしれないので見に行こうと言うので、昨日のお土産屋に行きました。
1個だけ入荷したとのことなので、昨日と同じ値段で購入。
まんぞうさんがあと2つほしいと言うので、店員さんに頼むと明日までに用意してくれるとのこと。

パンダ扇子買うなら鐘鼓楼広場商業街でどうぞ。
(如果要买大熊猫的扇子,那么就去钟楼广场商业街.)
お土産屋さん

夜はイスラム料理の店である同盛祥に行きました。
回族の方々はイスラム教信者であり、豚肉を食べないそうです。
その為、ここには豚肉料理はありません。

今日は一番有名な羊肉泡馍をいただきました。
固めのパンみたいなやつをひたすら細かくちぎっていきます。
まんぞうさんは店員に大き過ぎると言われNG、厳しいです。
羊肉泡馍

ちぎったものに春雨と羊の肉が入ったスープを入れてくれ、めでたく完成。
おいしいけど、ちぎったやつが多すぎるなぁ。
半分ぐらいでちょうどいいかも。
羊肉泡馍


2008年06月09日 (月) | 編集 |
ネットで知り合ったまんぞうさんが日本から旅行に来るというので、西安咸陽国際空港(西安咸阳国际机场)まで迎えに行きました。
この方は某大手企業に勤めているそうで、とても気さくな方でした。
嫁共々この会社の株持ってますんで、頑張って株価上げてくださいね。

宿泊先の皇城花園酒店に付いて行きました。
部屋を見るとなぜか体重計が置いてあります。
みんな旅行中ぐらい体重のことは忘れたいんじゃないのかな!?
体重計

時間も夕方となってしまったので、近くの鐘楼と鼓楼に行きました。
鐘楼内にはなんとあの鳳翔泥人形(凤翔泥塑彩绘)のトラが展示してありました。
タイトルは「座虎」。
家にあるものよりだいぶ大きいです。
鳳翔泥人形

まんぞうさんもお土産に欲しいと言っていたパンダの扇子があったので、いくらか尋ねてみると25元との事。
いろいろ見た後、最後は20元でいいかと尋ねるとずいぶん悩んでいましたが、先にありがとう(谢谢)と言ったらOKしてくれました。
外国人でも安くしてくれるんですね。
お土産屋

夕食は徳發長へ。
徳發長酱骨というのを頼んでみましたが、パクチーと山椒たっぷりなのはいいのですが、骨ばかりであまり食べるところがない。
まんぞうさんはかなりのビール好きらしく、数本空けてました。
徳發長酱骨

散々食べた気でいたのですが「2次会に行きますか」と誘われ店を探すことに。
ここで彼が鉄の胃袋を持つ男であることに初めて気が付きました。
結局2軒目は韓国料理の店へ。
再びビールを注文。
それにしても西安に来た日に韓国料理の店を選ぶというのもどうなのかなぁ。
チヂミ

その後ウォルマートに行ってまんぞうさんがビールを大量購入。
ホテルでも飲むそうです。
一体何リットル飲むんだろう・・・。

バスが何時まであるのかよく分からなかったので、まんぞうさんと別れ急いで自宅に帰りました。
普段夜は出歩かないので、ライトアップされた鐘楼は初めてまともに見ました。
とても綺麗。
鐘楼


2008年06月07日 (土) | 編集 |
明日は端午節なので、嫁の母が厄除けとしてヨモギの葉(艾草)を飾っていました。
ドアノブに付けるんですね。
ヨモギ

街には山になった粽をたくさん見かけました。
日本には「おむすびの日(1/17)」と「おにぎりの日(6/18)」があるそうです。
全然流行ってないし、2つのどこが違うのかもよく分かりませんが。
粽

鐘楼のまわりはただいま工事中です。
地下鉄の会社が工事をやっているようですが、一体何を作るのでしょうか。
鐘楼

南大街にて人形だと思って見ていたら、本物の人でした。
結婚の写真撮影を行う会社のウインドウです。
ウインドウ

今年の正月に日本で買ったビデオカメラが長いこと眠っていたのをふと思い出し、子供を撮ってみました。
生後1週間程度では食べる時と泣く時以外はほとんど寝ているのですが、この時はしゃっくりが止まらないらしく、珍しく目を開けていました。
助け方が分からずごめんなさい。

うまい撮り方が全然分からないけど、ビデオカメラっておもしろいなぁ。
たまにこれ使って遊んでみよう。


【参考】
YouTube等のストリーミングが重いという方には SpeedBit Video Accelerator がお勧めです。
複数コネクションを張り高速化、劇的に早くなります。

2008年06月07日 (土) | 編集 |
这是今年2月7日(春节)在横滨中华街摄的像.


这是在我的老家熊本养着的一只小狮子狗.
那天买了摄像机,因为是第一次摄像,所以我摄的不太好.


2008年06月06日 (金) | 編集 |
トヨタのSURFを思いっきり当て止めしています。
「傷ひとつないSUV車なんてかっこ悪い、ワイルドに乗りこなす為にこの車を選んだのだ!」
と思っているのか単に運転が下手なのか、とにかく人だけには当てないでいただきたい。
ホテル駐車場にて

実家の熊本から郵便が届きました。
西安の人はアレルギー性鼻炎の方がかなり少ないらしく、薬の種類がとても少ないです。
なかなか自分にあった薬を見つけられなかったので、日本のものを送るよう頼んでいました。
嫁が便乗してネットで買った化粧品類のほうが遥かに高く付きましたが・・・。
郵便


2008年06月05日 (木) | 編集 |
北京の日本大使館と連絡が取れました。
全然知らなかったのですが、22歳になるまでは2重国籍(保留)にすることができるそうです。
ビザなしでどっちの国も住めるわけですね。

ただし日本と違い中国は2重国籍を認めていない為、必ず先に中国国籍を取得する必要があるそうです。
1.西安の役場で出生届けを提出
2.日本の役場で出生届けを提出(北京の日本大使館でも可)
以上を出生後3ヶ月以内
3.子が22歳になった時、自分で国籍を選ぶ

国籍が2つなら名前も別々にできるのかと思って聞いてみたら、病院でもらう出生証明書に記載された名前しか駄目とのこと。


家の近くにある新聞売りのスタンド(报亭)へ、日本にかけるときに使う電話カードを買いに行きました。
100元分話せると書いてあるカードが、ここでは30元で買うことができます。
前回嫁と買いに来た時は、この前いくらで売ったっけ?と店のおばちゃんに聞かれました。
いい加減な値段だなぁ。
报亭

嫁の弟の誕生日プレゼントに靴を買いました。
とは言っても19歳と言えばファッションにはかなりこだわりを持っている年頃なので、自分で選んでもらいました。
西安ではナイキとアディダスの人気はかなり高いようです。
靴


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。